« 「やまぐち号」への挑戦~出会い~ | トップページ | 2011年の紅葉 »

2011年11月24日 (木)

「やまぐち号」への挑戦~憧れの仁保地峠~

なかなかいい絵を頂けなくなった「やまぐち号」。

最終日の今日は今までの反省から、写真の中に煙をやや大きめに入れて爆煙で走行するSLの迫力を出してやろう!というもの。

その為には、最高レベルでSLに煙を吐いてもらう必要がある。

一番の爆煙スポットとして知られているのが、山口線の中でも難所として知られている仁保駅から篠目駅の間に立ちはだかる「仁保路峠」。

ここを最終日の決戦の場とした!!

駅間の途中までは急勾配が続き、その後は一気に下って行くという線形。

急勾配を登る時に最高レベルの「爆煙」になるという。

その仁保駅から篠目駅に向かう勾配の途中に「田代トンネル」というトンネルがあるらしく、そこが有名撮影地との事。

その田代トンネルまでのアクセスは・・・

「仁保駅から国道376号を徳地方面へ。井開田交差点で県道123号に入りしばらく進む。途中の「仁保病院」の案内に従い左折して病院の行き止まりまで進み、そこから線路に向かって山に入っていけば撮影地」

とあった。

仁保駅から路線バスが出ていることが分かっていたので、それで仁保病院まで向かい、山に入ろうと思っていた。

が!しかし!!

撮影当日、仁保駅前バス停の案内を見ると、仁保病院に行く路線がないことが分かってしまった・・・。急いで路線バスを運行している「防長バス」に問い合わせたところ「途中の井開田までしか行かない」との事。

なんですとぉぉぉ!!

まぁ今思えば・・・なんと前調べの浅かった事・・・。

とりあえず次に来るバスに乗り「井開田」まで行くことにした。てっきり「井開田」という停留所があるものだと思っており、「東井開田」を通り越したのだが・・・待てど暮らせど、バス車内のテープ音声のお姉さんが「次は井開田」と言わない・・・。

心配になってきた。このバスは今何処を走行しているのか??

携帯のGPS機能で現在地を検索しても・・・分からない。井開田は何処??通り過ぎたのか??「東井開田」で降りるべきだったのか??

バス乗車後20分。明らかに通り過ぎている。

相変わらず携帯のGPS機能で現在地を調べると、現在の走行地点から山口線が結構近くに走っている・・・ような地図が表示された。

「山口線の線路が見えたら途中下車しよう」と思っていたが・・・突然地図上から線路表示が消えて、その後は二度と表示されることはなく、バスはそのあと40分近く走行を続け、終点の「堀」というターミナルに到着した。運賃は1000円弱。なんという無駄な出費。

その「堀」がどこにあるのか、現在地は何処なのか全く分からない。携帯のGPS機能など今の自分には全く役に立たない。もうタクシーに頼るしか選択肢がなかった。

「やまぐち号」の仁保駅の通過時刻も迫ってきているというのに・・・またタクシーが走っていない!!急いで近くのお店に助けを求め、ご丁寧にタクシーを呼んでもらった。

タクシー乗車後30分程度で仁保病院に到着。料金は5000円弱。さすがに凹む。

もう「やまぐち号」の仁保駅通過まで時間がない!!

凹むのもそこそこに、山口線に向かって延びているであろう、病院の駐車場の奥から山に続く林道を進む。

「この道で合ってんのかなぁ~?」と疑いつつ進んでいくと・・・人の腰丈程ある雑草が生い茂っている広場に出た。この人を寄せ付けない感じ。しかし列車の走る音が近くに聞こえたので、線路が近くにあることは確か。しかし・・・かすかにこの先に道らしきものがあるものの入る勇気がなく、蜂も羽音を出して来ている為、この先は危険と判断し撤退。

駐車場まで戻って他のルートはないのかと探していると、SLの汽笛と客車の軽やかなジョイント音を残して「やまぐち号」が通過し、THE END。

もがくだけもがいて、2008年の挑戦は幕を下ろしたのであった。

病院の駐車場で「ガックリ・・・」していると、さっきの「やまぐち号」を撮影していた愛好家たちが下山してきた。しかもさっき自分が入っていった林道ではない所から降りてきている。

そこか!!

もうこれ以上無駄な出費はしまいと、仁保病院から仁保駅まで歩いている途中に猛烈な夕立にあってしまい、消防団倉庫の軒下で雨宿りしていると、一台の軽トラックが止まり、運転していたおばちゃんが声を掛けてきた。事情をすべて話すと「仁保駅まで送るよ」と・・・。

「ありがとうございます」以外に言葉が見つからなかった。

「いつか必ずモノにしてやる」と再訪を誓い、山口を後にした。

・・・そして1年後の2009年夏。決戦当日。

朝から豪雨であった。新山口から初発で仁保駅に到着。列車を降りるとき運転士さんから「この先は規制がかかるほど雨が降っとるから撮影気を付けて」とお声を頂いた。

三脚を担いでいたので、自分が撮影者だと分かったのだろう。礼を言って仁保駅に予め呼んでいたタクシーに乗車し、仁保病院に到着。

この頃には雨脚も少し弱くなっていた。病院倉庫の軒下でカッパを着て・・・さぁ!!いざまいろうか!仁保路峠!!

去年、カメラマンが下山してきていた道から入山。

ぬかるむ薄暗い山道。変な動物の鳴き声も聞こえる。それに時々クモの巣に引っ掛かる。まだ誰も入山していない様子。あまりにも心細すぎる。しかし「引き返す」という選択肢はなかった。

どれほど歩いて来ただろうか。いきなり道が急勾配になって上からロープが吊るされている。「これが山口線の築堤か」と確信してロープを伝って登ると、いきなり線路が現れた!

ついに来た!!憧れの撮影地である。

軽く付近をロケハンして場所を決めてセッティングを済ませ待つこと2時間弱。

いつしか雨は止み、少し明るくなってきたことろで・・・奴が現れた。

Img_4131

この日はC57形を先頭にC56形との重連運転の日。

2つの機関車から出る爆煙とドレインで最高に迫力のある絵に仕上がった。・・・というか、ここで撮影出来ていること自体幸せだった。

しかし、まだ別の場所で撮りたいイメージがあるのも事実。

「やまぐち号」の魅力が伝わる写真を、これからも撮影して行きたい。

« 「やまぐち号」への挑戦~出会い~ | トップページ | 2011年の紅葉 »